本文へ

正月明けには社会的時差ボケが起こる?仕事始めに調子を調えて挑むコツ

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

 

多くの方は、1月4日から仕事始めとなります。しかし、お正月の長期休みに自由な生活をしていると、生活リズムが崩れて仕事始めに「体調が悪い」「ぼーっとしてしまう」ということが起こる方もいるようです。これを「社会的時差ボケ」と呼びます。社会的時差ボケとは、体内時計がずれることによって不眠や体調不良が起きることを指します。そこで今回は、社会的時差ボケを改善して仕事始めにのぞむコツについて見ていきましょう。

 

【社会的時差ボケを防ぐコツ】

寝る前のスマホの利用をやめる

スマホからは、ブルーライトが発せられています。寝る前にブルーライトを浴びていると、体内時計をずらして寝つきを悪くしてしまうのです。そのため、寝る前1時間程度のスマホの使用はやめておいた方がよいでしょう。これだけでもしっかりと睡眠をとって、昼間の眠気を軽減することができます。

 

朝食をしっかりととる

朝起きた時には、体温が1日で最も下がった状態となっています。そのため、朝食を食べて体温を上げからだを起こすことによって、体内時計を整えることができると言われています。朝は食欲がなくて食べられないという方もいると思いますが、少しでも何かを食べる癖をつけておくといいでしょう。

 

消化によいものを食べる

年末年始は暴飲暴食する機会も多く、体調を崩してしまう方も増えます。そのため、正月明けには消化によいものを選んで食べることをおすすめします。例えば、雑炊やバナナ、おかゆなどです。少しでも胃腸の負担を減らしておくことによって、身体の調子を整えて仕事始めに出勤ことができるでしょう。

 

いかがでしたか?正月明けには時差ボケのような症状が出てしまう方が多くいます。長期休みは好きなことをして過ごすと思いますが、あまりにも生活リズムが崩れると仕事が始まった時に支障が出てしまう可能性もあるので、体調を整えておくようにしましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度5,000円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。