本文へ

寒暖差で疲れた内臓を元気にするにはこんな方法が最適!ぜひ試してみたい生活習慣

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

9月の寒暖差で、内臓の働きが弱くなってしまって体調不良が引き起こされると考えられています。内臓の働きが弱るときちんと必要な栄養を吸収することができませんし、身体の疲れをとることはできないでしょう。そのため、9月はきちんと内臓の疲労をとることが大切です。そこで今日は、内臓を元気にする生活習慣について見ていきましょう。

 

【内臓を元気にする生活習慣】

ストレスを減らす

ストレスを抱えた生活をしていると、胃腸の働きが弱まってしまいます。緊張すると胃が痛くなるのは、このようなことが原因です。この要因は、自律神経が乱れて胃腸が思うように働かなくなるからだと考えられています。ストレスがかかると、消化不良を起こしてしまうので、ストレスのない環境を整えたり、しっかりとストレスを発散するようにしましょう。

 

食事を食べすぎない

食事の度に満腹まで食べていると、内臓は常に消化を行わなければいけない状態となります。そのような状態が続くと、内臓に疲労が溜まって普段通り動かなくなってしまうのです。また、身体全体の疲労もとれなくなってしまうことが考えられます。そのため、なかなか疲れがとれないと感じる時には、食事を減らすようにした方がよいでしょう。

 

プチ断食をする

弱った胃腸を修復するためには、少し休ませることが大切です。そのためには、「プチ断食」がおすすめです。週に1回程度、野菜ジュースとおかゆのみの日を作れば、内臓に負担をかけることなく、修復に必要な栄養素をしっかりととることができるでしょう。

 

いかがでしたか?9月の寒暖差では、身体も内臓も疲労が溜まってしまいます。そのため、普段から内臓をいたわる生活習慣をすることが大切です。暴飲暴食をしていると、疲れがとれなくなったり、肌が荒れることも考えられるため、しっかりと内臓を修復するようにしましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度5,000円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。