本文へ

早食いを避けるために行いたい習慣|健康的な身体を作るための食生活を身につけよう

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

 

早食いには、さまざまな病気のリスクがあると言われています。しかし、食事は普段から無意識で行っていることなので、意識して改善するのは難しいでしょう。一般的には30回以上噛んだ方がよいと言われていますが、毎回数えながら食べるのは負担になります。そこで今日は、早食いを避けるために行いたい習慣についてご紹介していきます。

 

【早食いを避けるための習慣】

一口の量を減らす

これまでの研究結果によると、ひと口で噛む回数は量によっては変わらないことが分かっています。そのため、ひと口の量を減らすことによって、必然的に噛む回数を増やすことができるのです。普段よりも少なめの量で食べるようにしましょう。

 

食材を大きく切る

食材を小さくしてしまうと、あまり噛まなくても飲み込むことができるので、噛む回数が少なくなってしまうかもしれません。しかし、食材を大きくしておけば、必然的にしっかりと噛んで食事をすることができます。自炊をする時には、大きくカットするようにしましょう。

 

歯ごたえのある食材を選ぶ

噛み応えの食材を食べる時には、しっかりと咀嚼をしないと飲み込むことができません。そのため、ごぼうやレンコン、きのこ、海藻など食感のある食べ物を選ぶようにしましょう。

 

食事の時間を確保する

いつも何かに追われていると、つい早食いをしてしまいます。そのため、食事の時間はきちんと確保した方がよいでしょう。余裕を持って食事ができれば、普段よりもしっかりと噛んで食べることができるかもしれません。

 

いかがでしたか?早食いの人は無意識で行っているかもしれませんが、毎日続けていると大きな病気のリスクになってしまうことが考えられます。そのため、意識的にしっかりと咀嚼して食事をすることが大切です。少し工夫をするだけで噛む回数を増やすことができるので、ぜひ行ってみてくださいね。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度5,000円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。