本文へ

日光不足は身体に悪い?夏に行いたい最適な日光浴の方法

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

 

夏は紫外線が強いので、できるだけ日光に当たらないような対策を行う方も多いでしょう。しかし、極端に日光を防いでしまうと、身体に必要なビタミンDを生成することができなくなってしまうので、体調不良が引き起こされる可能性があります。そのため、適度に日光浴をすることが大切です。そこで今日は、夏に行いたい最適な日光浴の方法について見ていきましょう。

 

 

【夏に行いたい日光浴の方法】

不必要な日光浴は防ぐ

ビタミンDを作るために日光浴を行うことは必要ですが、海などで身体を焼くような方法だと、紫外線の影響で皮膚にさまざまなトラブルが発生してしまいます。そのため、適度な日光浴を選択するようにしましょう。

 

日影を利用する

直接紫外線を浴びてしまうと、肌荒れや熱中症のリスクがあります。そのため、日光浴をする際には、日影を利用するようにしましょう。ただ、紫外線は地面や建物から反射してしまうので、日焼け止めは活用することをおすすめします。

 

日傘を使う

直接紫外線を浴びてしまうと、肌にさまざまな影響があります。そのため、日傘や帽子、長袖などを活用して、紫外線を防ぐようにしておきましょう。

 

手持ちの扇風機などを使う

夏に日光浴を行うと、熱中症のリスクが高くなります。そのため、できるだけ涼しく過ごせる環境を作ることが大切です。最もおすすめなのは、手持ちの扇風機やネッククーラーです。身体をしっかりと冷やすことによって、体温を下げて熱中症のリスクを防ぐことができるのです。

 

いかがでしたか?夏はできるだけ日差しを避けて過ごす方も多いでしょう。しかし、あまりにも紫外線を浴びずに生活していると、ビタミンDが不足してしまって体調不良が起きてしまう可能性があります。そのため、日影を利用して日光浴を行う必要があります。ただ、熱中症にならないように、対策を行うようにしておきましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度5,000円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。