本文へ

夜間の熱中症を防ぐ方法|寝ている間に熱中症になるリスクはどうしたらいい?

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

 

熱中症になってしまうリスクは、日中よりも夜間の方が高いと言われています。そのため、きちんと対策をして寝ないと、体調不良になってしまったり、最悪の場合は死に至ることも考えられます。では、寝ている間に熱中症にならないためには、どのようにしたらいいのでしょうか?

 

【寝ている間の熱中症の対策方法】

室温を26℃以下にする

夜間に熱中症になりやすくなる理由は、日中に暖められた天井や壁が放射熱を放ち、室温を高くするからだと考えられています。そのため、しっかりと部屋を冷やしておくことが大切です。人が快適に眠るための最適な温度は、26℃以下と言われているので、それくらいになるように調整しておきましょう。また、エアコンの温度と室温は異なることがあるので、できれば家に温度計を置いておくことをおすすめします。

 

湿度を50~60%に調整する

温度だけではなく、湿度も重要だと言われています。そのため、室内の湿度は50~60%程度に調整して寝るようにするといいでしょう。そうすることによって、より寝心地のよい環境を整えることができます。

 

入眠前・起床時に水分補給をする

夏は寝ている間に2~3杯くらいの汗をかいていると言われています。そのため、しっかりと水分補給を行うことが大切です。水分をとっておくことによって、熱中症だけではなく、起床時の脳梗塞も予防することができます。そのため、必ず飲む癖をつけましょう。また、緑茶やアルコールなどの利尿作用の高い飲み物だと、寝ている間に起きてしまうリスクがあるので、快眠のためには水を飲むようにしておくことをおすすめします。

 

いかがでしたか?夜間に熱中症のリスクが高くなることが考えられます。そのため、熱中症のリスクを下げるために、しっかりと対策を行うことが重要です。普段から必ず対策を行うようにしてみてくださいね。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度5,000円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。