本文へ

寝る時にも注意が必要!「夜間熱中症」の原因となるのはどんなこと?

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

 

 

熱中症というと、太陽が出ている昼間というイメージを持っている方が多いでしょう。しかし、実際には夏の熱中症の4割は夜中に起きていると言われています。そのため、夏は寝る時にも注意が必要です。そこで今回は、夜間熱中症の原因について見ていきましょう。

 

【夜間熱中症の原因】

室温の上昇

部屋の中の壁や天井は、昼間の太陽によって暖められます。その熱は室内に蓄えられ、夜になると放射熱となります。そのことによって、室温が高くなりやすいと考えられています。寝ている間には、暑いと思っても温度を調節することができません。そのため、気付かない間に熱中症になってしまう可能性が高いと言えます。特に寝ると起きることがないという方の場合、熱中症になるリスクはかなり高まるでしょう。

 

睡眠中には水分補給が行われない

人は寝ている時でも、多くの汗をかいています。特に夏の夜には、室温が高くなりやすいので、汗の量も多くなってしまいます。その上、寝ている間に水分補給をすることはできないので、脱水症状になってしまう可能性があります。日中には熱中症のリスクに気付くことができますが、寝ていたらそれを自覚せずに症状が悪化してしまうので、起きた時には深刻な状況になっていることもあるようです。実際に熱中症で亡くなる方の3割が夜間熱中症となっているため、注意が必要でしょう。

 

いかがでしたか?熱中症対策を行わなければいけないのは、日中だけではありません。特にリスクが高いのが、夜中です。夜中には室温が高くなりやすく、汗の量が増えるので、危険だと言われています。その上、熱中症対策を行うことはできませんし、症状に気付くこともできないので、気付かないうちに熱中症になってしまうことも考えられるでしょう。そのため、寝る前にしっかりと対策を行って、熱中症にならないように注意してくださいね。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度5,000円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。