本文へ

日焼け止めをしていても焼けちゃう?日焼けしてしまった場合の応急処置とは

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

 

夏になると、強い紫外線によって日焼けをしてしまうこともあるでしょう。外出する時には日焼け止めを塗っている方も多いと思いますが、それでもひどい日焼けをしてしまうと、肌には大きなダメージが残ってしまいます。では、そのような時にはどのように対処したらいいのでしょうか?

 

【ひどい日焼けをした時の対処方法】

1.肌を冷やす

日焼けは、紫外線によるやけどです。屋外にいるうちにヒリヒリとした感覚があった場合、かなり日焼けがひどいということになります。このような状態の場合、まずはしっかりと肌を冷やすことが重要です。氷があれば最もよいですが、ない場合には濡れタオルや扇風機の風に当てるように工夫しましょう。

 

2.市販薬を使う

ひどい日焼けをしてしまった場合、抗炎症薬であるステロイドを使うことをおすすめします。市販でも販売されているので、ひどい時には購入して塗るといいでしょう。また、痛みが強い場合にはロキソニンやバファリンも効果的です。ただ、症状がひどい場合や引かない時には、早めに病院で受診した方がよいでしょう。

 

3.保湿をする

紫外線をたくさん浴びると、肌が傷ついているので、バリア機能が低くなってしまっています。そのため、日焼けをした後はしっかりと保湿をしておくことをおすすめします。そうすることで、感染症や炎症から肌を守ることができます。ひどい日焼けの後は、できるだけ皮膚に負担がないものを選んだ方がよいでしょう。

 

いかがでしたか?日焼けを軽く考えている方もいますが、後からシミや皮膚がんなどの症状が出てしまうこともあります。そのため、皮膚を守るためにも普段からしっかりとケアしておくことが大切です。また、ひどい日焼けをしてしまった後は、できるだけ早く対処しておくといいでしょう。日焼けはやけどなので、まずはきちんと冷やして保湿を行うことをおすすめします。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度5,000円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。