本文へ

味覚障害を起こさないための方法|味覚を失わないための生活習慣とは?

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

 

 

高齢になったり、強い味のものばかり食べてしまうと、味覚障害が発生するリスクがあります。何を食べても味を感じなくなってしまうと、食事の楽しみがなくなりますし、食欲不振になってしまう可能性があります。では、どうすれば味覚障害が起こらないようにすることができるのでしょうか?今日は、味覚障害を引き起こさないための生活習慣について見ていきましょう。

 

【味覚障害を起こさないための生活習慣】

1.口内を清潔に保つ

舌には、味覚細胞という味を感じる細胞があります。加齢と共にこの数が減ってしまったり、感受性が低くなってしまうことによって、味を感じなくなってしまうのです。そのため、できるだけ味覚細胞が反応するように口腔内を綺麗に保っておく必要があります。食前後にはうがいを行ったり、食後にはきちんとブラッシングを行ってより清潔にしておきましょう。

 

2.唾液の分泌を促す

唾液をしっかりと分泌することによって、より敏感に味覚を感じることができるようになります。唾液を出すためには、レモン水や炭酸水を飲むことがおすすめです。また、食事に酢を使った食品を使うことによって、食事をしながら唾液をしっかりと分泌することができるでしょう。

 

3.亜鉛が豊富な食材を食べる

亜鉛は、味覚細胞の新陳代謝を促す栄養素と言われています。そのため、積極的に亜鉛を食べておいた方がよいでしょう。亜鉛が含まれる食材には、牡蠣やナッツ、ゴマなどがあります。積極的に食卓に取り入れることをおすすめします。

 

いかがでしたか?味覚障害になってしまうと、食事の楽しみがなくなってしまいます。そのため、普段から味を感じることができるように、工夫しておくことが大切です。また、目で見ても食事を楽しむことができるように、より色鮮やかな飾り方をするといいでしょう。ぜひこの機会に普段の食卓に注意してみてくださいね。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度5,000円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。