本文へ

その症状、花粉症じゃない?通年性で発生するアレルギーの種類

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

 

 

花粉症の主な発症時期は、2~4月と言われています。しかし、5月になっても鼻水や目のかゆみなどが出るという方もいるようです。このような症状が続いている方の場合、実は花粉症ではなくて他のアレルギー反応が出ている可能性があります。そこで今日は、5月になっても花粉症のような症状が続く場合に、どのような病気の可能性があるのかについて紹介していきます。

 

【5月になっても続く花粉症のような症状の原因】

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、何かしらのアレルゲンに免疫機能が反応して、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出てしまうことを言います。花粉症もアレルギー性鼻炎の一種で、花粉に反応してさまざまな症状が出てきてしまうのです。花粉症を発症している方の多くはスギ花粉となっていますが、それ以外にも花粉が影響している可能性があります。その上、ハウスダストやダニなどもアレルギー性鼻炎の影響であることも考えられます。そのため、5月も症状が続いている場合には、スギ花粉ではなく他のアレルゲンが原因であると言えるでしょう。特に5月は夏草が蔓延しているので、注意しておきましょう。

 

黄砂

春には、西から偏西風が吹くため、中国から風にのって黄砂が多く運ばれてくると言われています。黄砂の成分は体に大きな影響を与えると言われていますが、それだけではなく黄砂の粒子についた細菌やカビによってアレルギー反応が強く出てしまうことも多くあるようです。黄砂が体の中に入ってしまうと、花粉症のような症状が出てしまったり、強く咳が出てしまうこともあるようです。そのため、5月にはそのような症状が出ないように注意しておいた方がよいでしょう。

 

いかがでしたか?花粉症のような症状が長く続いている場合、もしかすると花粉ではないアレルゲンが原因となっている可能性があります。そのような時には、どのようなアレルゲンが原因になっているか、しっかりと病院で検査するようにしましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度5,000円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。