本文へ

布団は使い方で暖かさが変わる!冬に試したい布団のおすすめの使い方とは

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

 

 

夜は冷え込む日が続いている今、布団の中に入っても寒さを感じるという方も多いでしょう。羽毛布団を使っているのになかなか暖かさを感じないという方の場合、実は使いかたが間違っているのかもしれません。そこで今日は、より暖かさを感じる布団の使い方をご紹介します。

 

【暖かさを感じる布団の使い方】

羽毛の状態を整える

羽毛布団は、中に入っている羽毛の状態が悪いとその効果を発揮しません。特に問題となるのは、湿気を含んでいる状態です。夏の間に押入れ等に収納していると、湿気を吸い込んでしまっている可能性があります。そのため、時々布団を干して湿気をとるようにしましょう。また、長く使っていると羽毛が偏ってしまうので、しっかりと空気を含ませて均一になるようにしておくと、より暖かさを実感することができます。

 

毛布と併せて使う

羽毛布団だけでは寒いという時には、一緒に毛布を使うことをおすすめします。同時に使うことによって、より暖かさを保つことができます。ただ、この時にも使い方が重要です。化学繊維の毛布は羽毛布団の上にかけるようにし、天然素材の場合は下にかけるようにすることによって、より暖かさを保つことができます。

 

布団を買い替える

羽毛布団はなかなか買う機会がないので、毎年同じものを使っているという方も多いでしょう。しかし、10年以上使っていると、羽毛布団が寿命を迎えてしまっている可能性もあります。長く使うと、あまり暖かさを感じにくくなってしまうため、そのような場合には買い替えることをおすすめします。

 

寒い冬の夜の中、快適に眠るためには布団は重要な存在です。正しい使い方をしていないと、本来の羽毛布団の効能を実感することができず、布団をかけているのに寒いと思うこともあるでしょう。そのため、しっかりと羽毛布団のメンテナンスを行ったり、他の寝具と組み合わせてより暖かくして寝られる体制を作りましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度5,000円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。