本文へ

脳卒中の発生には天気が関係している?天気予報を見てリスクを減らそう

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

 

 

脳卒中は夏に比べて、冬に発生率が高くなることが言われています。急に発症してしまう病気なので、対策ができないと考えている方も多いと思いますが、最近の研究で脳卒中の発生には天気が関係しているという理論が発表されています。そのため、天気予報を見て対策を行うことによって、脳卒中のリスクを大幅に減らすことが可能なのです。そこで今日は、脳卒中のリスクと天気の関係性について見ていきましょう。

 

【脳卒中と天気の関係性】

当日の気温や気圧は関係ない

脳卒中が発生するのは、寒い日だというイメージを持っている方も多いと思いますが、実は当日の天気はあまり関係ないことが分かっています。具体的にいうと、気温や気圧が脳卒中の発生に関係があるのですが、影響しているのは発症する7日前のこととなっています。

 

急な気温変動に注意

最も脳卒中の発生リスクが上がるのは、気温が急に変動した時です。研究の中では、前日との気温差について比較されており、前日よりも気温が下がっている日は発生率が1.19倍となり、気温が上昇した場合は1.16倍になっています。気温が下がっている時だけではなく、上昇した時にも発生率が高まることに注意が必要でしょう。

 

気圧の変化にも注意

脳卒中の発生リスクを高めるのは、気温だけではなありません。気圧が高くなると、血圧も上がる傾向があるので、急激な変動を見せている時には注意が必要です。実際に気圧が高くなることによって、脳卒中の発生リスクは1.31倍にまで上がっています。

 

天気や気温、気圧の変動によって、脳卒中の発生リスクは大きく変わることが分かります。冬は日常の中に脳卒中のリスクがたくさんあるため、普段からこまめに天気予報を見て必要な対策を行っておくことが重要でしょう。年配の方だけではなく、若者も発症する可能性があるため、気を付けておく必要があります。

 

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度5,000円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。