本文へ

冬になると夜中にトイレで目覚めるのはなぜ?朝までぐっすりと眠るための方法

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

 

冬になると、寝ている間に尿意を感じて目が覚めてしまうという経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?途中で目が覚めてしまうと睡眠の質が下がってしまうので、寝ていないような感覚に陥ってしまうという方もいるでしょう。では、どうして冬になると夜中にトイレで起きてしまうのでしょうか?

 

【夜中に尿意で起きてしまう原因】

夜中に尿意が起きてしまう理由として、冷えが挙げられます。基本的には寝ている間は抗利尿ホルモンが分泌されているので、尿意を感じることはあまりないようなメカニズムとなっているのですが、寒さによって膀胱が刺激され、夜中にトイレに行かなければいけなくなるようです。

 

【夜中にトイレで起きないための工夫】

敷布団を1枚増やす

夜中に尿意でトイレにかけこむのを避けるためには、体を冷やさないようにする必要があります。寒くなると掛け布団を増やしてしまいがちですが、掛け布団が重くなると寝返りがうちづらくなり、睡眠の質を下げてしまう可能性があります。そのため、敷布団を1枚増やすことをおすすめします。それだけでも布団に入っている時の温かさが大きく変わります。

 

暖房のタイマーをかけておく

寝ている間の尿意を避けるためには、寒さを避けることが重要です。しかし、一晩中エアコンをかけていると、のどや肌が乾燥してしまうので避けたいという方は多いでしょう。そのため、自分が寝入るまでの間や起きる3時間前くらいにタイマーをかけて部屋を温めるようにしておきましょう。

 

寝る前に温かい飲み物を飲む

胃腸が冷えてしまうと、トイレの回数が増えてしまいます。そのため、寝る前に温かい飲み物をのんでおきましょう。体の表面が暖かくても内臓が冷えていると尿意が近くなってしまいますので、内側から温めることを考えておくことが大切です。

 

冬の睡眠中の尿意は寒さや冷えが大きな要因です。そのため、体を冷やさないようにすることで、良質な睡眠をとることができるようになるので、意識して過ごしてみましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度5,000円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。