本文へ

アルコールは本当に百薬の長なの?アルコールによって及ぼされる危険性

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

 

実は冬にはアルコールの摂取量が増えてしまうという研究が発表されています。アルコールを飲むと血管が弛緩するため、体温を上げることができます。そのため、冬にアルコールを飲みすぎてしまうということは誰にでもあるようです。しかし、アルコールを飲みすぎてしまうと、体に害を及ぼすこともあります。そこで今日は、アルコールによって引き起こされる危険性について紹介します。

 

【アルコールで引き起こされる危険性】

神経に対する毒性

アルコールは神経に対する毒性があるといわれています。そのため、足先や手足がしびれてしまったり、認知障害を起こすことも考えられます。飲みすぎてしまった時に記憶がなくなったり、手足の感覚が薄くなって千鳥足になってしまう原因もこの作用があるということができるでしょう。そのため、アルコールを常に飲みすぎてしまうと、このような作用が消えなくなる危険性もあるのです。

 

肝臓障害が起こる

アルコールを飲みすぎてしまうと、アルコールを分解する肝臓に負担がかかってしまい、肝臓障害が起こってしまう危険性があります。肝臓は体内に入った有害物質の解毒やたんぱく質の分解を行う胆汁の分泌など、体を健康に保つための重要な役割を持つ内臓です。そのため、肝臓が正常に働かなくなってしまうと、代謝の異常が現れさまざまなトラブルや病気の原因となってしまいます。そのため、アルコールの飲みすぎが生活習慣病や大病の原因となるといわれているのです。特に冬は血糖値が上がりやすく、危険の多い季節ですので、アルコールの飲みすぎには注意が必要でしょう。

 

 

 

 

アルコールは百薬の長ともいわれ、適量であれば健康的な生活を送ることができるといわれていますが、大量に飲みすぎてしまうと体に毒となってしまいます。新年会等も多くあり、飲む機会が増える1月ですが、アルコール摂取量には十分に気を付けておきましょう。

 

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。