本文へ

痛み止めの定番『ロキソニン』で胃が荒れる理由

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

ライフ整骨院の代田です。

痛み止めの薬として有名な「ロキソニン」、皆さんも一度は服用したことがあるかもしれません。

ロキソニンは、痛みの症状を素早く緩和してくれるため、様々な場面で処方されることがあります。

しかし一方で、副作用で胃が荒れやすい薬としても知られています。

ロキソニンを処方される時、一緒に胃薬を飲むことを指導されることも少なくないでしょう。

 

なぜ、ロキソニンを飲むと胃が荒れてしまうのでしょうか?

それは、痛みや炎症の原因物質と、胃を保護している物質が共通していることが挙げられます。

ロキソニン(成分名:ロキソプロフェン)は、体内で痛みや炎症の原因物質である「プロスタグランジン」という物質の生成を抑えることで、痛みの症状を和らげる効果を発揮します。

痛みや炎症が起きている場所では、プロスタグランジンが増加している状態です。

このプロスタグランジンは、「シクロオキシゲナーゼ」という酵素のはたらきによって増えますが、ロキソニンの成分であるロキソプロフェンには、シクロオキシゲナーゼのはたらきを抑える作用があります。

ケガの痛み、頭痛、腹痛、生理痛など、プロスタグランジンの増加によって生じる痛みや炎症は、ロキソニンの服用によって症状を改善する効果が期待できるのです。

 

しかし、このプロスタグランジンは、実は同時に胃の粘膜を守る役割も担っている物質です。

そのため、プロスタグランジンの生成を抑えることで、胃を守る機能を低下させ、胃を荒らすという副作用が出やすくなってしまいます。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍を患っている人は、ロキソニンを服用することで、病気の症状がさらに悪化してしまう恐れがあります。

また、健康な人でも、空腹時や胃の調子が悪い時にロキソニンを服用すると、痛みの症状が治まっても、胃が荒れて胃の不快感や胃痛、食欲不振などの症状に悩まされることになってしまう場合もあります。

 

ロキソニンは、優れた痛み止めの薬であると言えますが、胃が荒れやすい薬であることや、なぜ胃薬と一緒に処方されることが多いのかを、しっかりと理解して服用することも大切です。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。