本文へ

『緑内障』と『白内障』2つの加齢性眼疾患について

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない

腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

ライフ整骨院の代田です。

 

目の老化には、2つの種類が挙げられます。

一つは、目の機能が低下して見えにくくなる変化、いわゆる「老眼」です

そしてもう一つが、加齢による目の疾患です。

老眼は基本的に治療で食い止めることができませんが、加齢による目の疾患であれば、治療や手術で進行を抑えたり、症状を改善することが可能です。

加齢性眼疾患の中でも、皆さんもよく耳にするのが「緑内障」と「白内障」だと思います。

この2つの目の病気について、早いうちから知っておくことが、将来の大切な目を守ることにもつながるはずです。

 

【2つの加齢性眼疾患】

緑内障

視神経が弱まり、少しずつ視野が欠けてくるのが緑内障です。

視神経の強さと眼圧のバランスが崩れ、視神経が傷付くことで、徐々に視野が欠けていく目の病気です。

進行すると失明の恐れもある疾患ですが、初期症状はほとんどなく、視野が欠ける自覚症状が出た頃には、既にかなり進行しているケースがほとんどです。

視野が欠けるというのをあまりイメージできない人も多いと思いますが、黒い影で覆われるのではなく、部分的にぼやけるように見えます。

そのため、異常に気付きにくいのです。

片方の目にぼやけて見える部分があったり、目のかすみが気になる、暗い場所でものが見づらいなどの症状があれば、早めに緑内障の検査をすると良いでしょう

 

白内障

白内障は、目のレンズが濁って見えにくくなる病気です。

目には水晶体という無色透明の組織があり、これがカメラのレンズのようなはたらきをすることで、ものをはっきりと見ることができています。

この水晶体が加齢により濁ることで、見えにくくなるのが白内障です。

長年の目の使用により、水晶体を構成するたんぱく質がにごる、いわばレンズの老化による疾患と言えます。

白内障は、ゆっくりと進行するのが特徴で、見えづらさに慣れてしまい、異常に気付かないことも多いようです。

ものが見えにくいほか、まぶしさを感じる、二重に見えるなども、白内障のよくある症状として挙げられます。

全ての高齢者にリスクがある目の病気の一つでもあるので、見え方に異常を感じたら、早めに対処することが大切です。

 

 

 

どちらの眼疾患も、早期発見が難しい一面がありますが、早めに気付くことで進行を抑えたり、症状を改善させることが期待できます。

いつまでも自分の目を守るために、まずは緑内障と白内障の存在を知り、定期的な目のチェックやケアを続けていくことも大切です。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。