本文へ

夏のお腹の不調…。胃腸冷えを予防する3つの方法

足立区綾瀬駅から徒歩5分

痛み止め、湿布で改善しない腰痛・膝痛を完全予約制で改善できる

ライフ整骨院の代田です。

 

夏はどうしても、冷たい飲み物や食べ物ばかりを口にしがちです。

しかし、冷たいものばかり食べたり飲んだりしていると、胃の中の温度が下がり、胃液が薄まって、消化機能の低下につながります。

さらに、胃腸のぜん動運動にも影響が出て、胃もたれや食欲不振によってますます食べ物がのどを通らなくなるという悪循環に陥りやすくなってしまいます。

グルグルとお腹の調子が悪かったり、ぽちゃぽちゃとお腹や胃に水が溜まっているような感覚がある時には要注意です。

 

また、夏の屋外は暑いですが、室内は常にクーラーがきいていて、1日中冷えた室内で過ごす人もいるでしょう。

すると外からも体が冷やされて胃腸冷えを招き、さらにそこに冷たいものの飲食をすることで、下痢や便秘のリスクを高めてしまうのです。

 

【夏の胃腸冷えを予防する方法】

温かいメニューを取り入れる

食欲が減退しがちな夏ですが、できるだけ温かいものも食事に取り入れるようにしましょう。

温かいスープを付け足すだけで、胃腸の冷えを予防する効果が十分期待できます。

サラダを蒸し野菜に変えたり、熱々のメニューでなくても、冷たくないメニューを意識することで、内側からの体の冷えすぎを防ぐことができます。

そうめんやうどんなどは、時々温めて食べるのもおすすめです。

 

香辛料やスパイス、薬味を活用する

キッチンで料理する時間を少しでも短縮したい夏場は、どうしても食事のメニューも簡易的になりがちです。

例えばレトルトの食品を使っても、香辛料やスパイス、薬味などをプラスすることで、お腹を温め、胃腸機能を高める食事にレベルアップさせましょう。

唐辛子、山椒、シナモン、ニンニク、生姜、シソなどを加えるだけで、食欲不振や胃もたれの改善につながります。

 

冷たくて甘い間食に注意する

アイスクリームやジュースなどは、冷たさによって甘さを感じにくくなっていますが、実際にはたくさんの量の糖質が含まれています。

冷たくて甘い間食によって、血糖値が急激に上昇し、空腹感が満たされて食欲がわかないという錯覚に陥りやすいものです。

冷たいものは甘さを感じにくいということを頭に入れて、間食のしすぎによる栄養不足にも注意しましょう。

 

 

夏を元気に乗り切るためには、胃腸を冷やしすぎないことがとても大切です。

ぜひ、胃腸を冷えから守る意識を持って、温かいものや栄養価の高いものを食べるようにしましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。