本文へ

梅雨時期の今から考えよう!熱中症対策!

真夏に向けて、だんだんと気温が高い日も増えてきました。

これからの季節は、より本格的な熱中症対策が必要になってきます。

夏本番を前におとずれるのが、ジメジメと湿度が高く雨の日が多い梅雨ですが、実はこの梅雨の時期の熱中症対策も、本格的な暑さに体を備えるためにも非常に重要です。

 

【梅雨の熱中症対策で知っておきたいこと】

汗が蒸発しにくい

湿度の高い梅雨の時期は、洗濯物がなかなか乾かなくて苦労しますよね。

それと同じで、湿度が高いと、かいた汗が蒸発しにくくなります。

すると、気化熱による熱の放散が少なくなって、体内の熱が逃げずにこもりやすくなります

その結果、熱中症を招くリスクが高くなることを覚えておきましょう。

 

暑さに体が慣れていない

真夏になる前の梅雨は、まだ体が暑さに慣れていないため、体温調節をする準備が不十分なことも、梅雨の熱中症を引き起こす原因の一つです。

昼間と夜間の寒暖差が激しいことも多く、服の選び方一つで熱中症のリスクが高まることもあります。

特に梅雨の晴れ間や、梅雨明けのタイミングには、熱中症対策をより強化して備えましょう

 

のどが渇きにくい

気温が高く、汗をたくさんかく時期には、自然とのどが渇いて水分補給の習慣につながります。

しかし、梅雨はまだ気温もそれほど高くなかったり、のどの渇きを感じにくいことで、水分補給が十分にされていないケースが少なくありません

梅雨も既に真夏と同じような熱中症への意識を持ち、のどが渇いていなくても、こまめな水分補給心がけましょう。

 

 

湿度の高い梅雨は、熱中症に気付きにくいことで、重症化のリスクも高いと言われています。

1年で最も暑い真夏に備え、梅雨の時期からしっかりと熱中症への対策を整えておくことで、体も暑さに強く、熱中症に負けない体づくりができるはずです。

この時期に、しっかりと栄養をとる、水分補給の習慣を身に付ける、よく寝て体力をつける、などの生活習慣が整うと、夏バテ対策にもつながっていきます。

体の中に熱がこもって体温が上昇すると、熱中症の危険が高まりますので、梅雨はできるだけ体に熱がこもらないよう、衣服や環境を整えて、梅雨の熱中症に注意して過ごしましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。