本文へ

急増している『6月病』に注意しよう!

ゴールデンウィーク明け頃に急増する「5月病」は、広く知られていますよね。

 

しかし、最近増えているのが、5月病ならぬ「6月病」です。

4月に入社した新入社員だけでなく、異動などで環境が変化した人にも多く見られます。

最近ではリモートワークなどで働き方が大きく変化した人も多く、5月病よりも6月病に悩む人の数が急増しているようです。

 

6月病は、少しタイミングが遅れてやってきた5月病ととらえられることもありますが、実はその性質は微妙に異なるケースも多く、6月病はうつ病の入り口であるとして、非常に危険視されているという一面もあります。

5月病も6月病も、4月からの環境の変化が発端であることは同じです。

5月病は、ガラッと変わった自分の生活に慣れるまでに時間がかかることで発症します。

しかし6月病は、我慢に我慢を重ねて、その我慢がしきれなくなった時に出現することが多いので、気付いた時にはかなり深刻な状況であることも少なくないようです。

完全に新しい環境でなくても、例えば昇給して新たなプレッシャーが加わったり、今の時期ならコロナウイルスへの感染の不安なども、6月病の一つの要因として挙げられるかもしれません。

 

もともと何事も真面目に取り組む人、使命感の強い人、細かいことが気になる人、他人に弱音を相談できない人などは、6月病にかかりやすいと言われています。

まずは、5月の連休明け頃に、自分の心身に目を向けて、疲れすぎていないか?追い詰められていないか?などをしっかりと見直してみましょう。

早めに気付くことができれば、深刻な6月病になる前に対策ができます。

4月から2カ月間、突っ走って頑張りすぎてしまう状況だと、気付いた頃には深刻なうつ状態になってしまうかもしれません。

5月病を乗り越えられた人も、6月病の存在を意識して、気を抜きすぎないことも大切です。

特に6月は心の調子を崩さないように、日ごろからストレスと上手く付き合う方法を見付けていきましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。