本文へ

足指の巻き爪!原因と予防法

足の親指に起こることが多い「巻き爪」。

爪はただ生えているだけでなく、小さいながらも、指先の力を補強するという重要な役割も担っています。

足の指は、爪がしっかりと生えていることで、体重を支える力が大きくなり、地面からの衝撃を受け止めることができているのです。

しかしその分、知らないうちに日々足の指の爪には大きな負荷がかかっています。

中でも足の親指は、体重を支える負荷や、地面からの衝撃を受ける負荷が大きいため、爪のトラブルが起こりやすくなると言われています。

 

巻き爪は、爪が内側に大きく巻き込むように変形した状態です。

普段は痛みがなくても、運動や長時間の歩行の際に痛みが生じるという人も多くいます。

 

足の親指の巻き爪が起きてしまう原因として挙げられるのが、

 

・運動不足

・正しい歩行ができていない

・間違った靴選び

などです。

もともと爪は巻き気味に生える性質がありますが、歩く時に加わる地面からの圧が、爪を広げる対抗力となって、巻く力を抑えています。

しかし、この両者のバランスが崩れることで、巻き爪が起こりやすくなります。

運動不足は地面からの爪を広げる力が加わる機会を減らしてしまうので、運動をしないと巻き爪のリスクが増加してしまうのです。

また、かかとから着地して、足の親指で地面をしっかりと蹴り出す歩き方ができていないと、やはり地面からの圧が減って、爪が内側に巻く力が勝ってしまうことが考えられます。

さらに、つま先を圧迫するような靴を履くことも、爪の巻く力を高める恐れがあります。

 

足の指の巻き爪のリスクを減らすためには、

 

・足指を使ってしっかりと歩く

・つま先に余裕のある靴を履く

 

などが重要です。

正しい歩き方を身に付けるために、足の指を曲げたり反ったりするマッサージを行うのもおすすめです。

また、爪を切る際には短く切りすぎないことも大切です。

巻き爪を放置したまま運動や歩行を続けていると、巻き爪の状態が悪化して痛みがひどくなったり、歩いているうちに出血してしまうこともあります。

巻き爪予防にためにも、まずは自分の足の指の爪のチェックを習慣化してみましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。