本文へ

身体の内側が渇く「ドライシンドローム」のチェック法

肌の乾燥がまだまだ気になる季節が続きますが、体の中で、肌以外にも乾燥状態を強く感じる部分はありませんか?

例えば、ドライアイ、ドライマウス、ドライノーズなど…。

目や口、鼻などが常に乾燥していることを感じやすい人は、実は体の内側まで乾いた状態になっているサインかもしれません。

 

【粘膜の乾燥】

体の内側が乾いているということは、粘膜のバリア機能が低下している恐れがあります。

私たちの体を、細菌やウイルスなどの外敵から守る役割を果たしてくれているのが粘膜です。

この粘膜は、常に湿っていることで、十分な機能を発揮することができます。

しかし、粘膜が乾燥してしまうと、バリア機能が低下し、細菌やウイルスへの感染リスクが高くなってしまうことが考えられます。

 

【ドライシンドロームとは】

目や口、鼻などのほか、その先にある食道や胃、肺、腸なども全て粘膜で覆われています。

肌は、見た目にも分かりやすいので、乾燥状態であることを把握しやすい一方で、体の中の粘膜の乾燥までは、あまり意識したことがない人がほとんどでしょう。

しかし、肌は体の中の状態を表す目安の一つです。

そのため、肌が乾燥しやすいという人は、目に見えない粘膜も乾燥している可能性が高いと考えられます。

実際に、例えばドライマウスに悩む人は、目や鼻、そして肌などのほかの部位も同じように乾燥しているというケースがよく見られます。

このように、肌だけでなく、体の様々な部分が乾燥しやすい状態を、「ドライシンドローム(乾燥症候群)」と呼ぶことがあります。

 

【ドライシンドロームのセルフチェック】

普段の生活で、あまり粘膜の乾燥を感じる機会はないと思うので、簡単なセルフチェックを行ってみましょう。

体の内側まで乾いてしまっているかどうかを判断するには、目の乾燥状態をチェックするのがおすすめです。

 

1.目を閉じてリラックスする。

2.目を開けて、まばたきをせずにいられる時間を計測する。

 

10秒以下で目が乾いてまばたきをしてしまう人は、目が乾いている、つまり粘膜が乾燥している状態かもしれません。

 

そのほか、

 

・肌が乾燥する

・目やにが多い

・のどがよく渇く

・乾燥によるせきが出やすい

・鼻の内部がカサカサしている

・朝起きると口内が乾いている

・口臭が強い

・唾液が減ってしゃべりにくさを感じる

・強いストレスを感じている

 

などの項目に当てはまるものが多いほど、粘膜が乾燥しているドライシンドロームに注意する必要があります。

 

では実際に、どのようにドライシンドロームを予防・改善すれば良いのでしょうか。

次回、具体的な方法について、詳しくまとめていきましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。