本文へ

久々の遠出が台無しに…足先トラブルにならないために

だんだん暖かくなってくると、外に出て体を動かす機会も、少しずつ増えてきますよね。

天気が良いから遠くの公園まで散歩がてら歩いてみよう、山登りやハイキングに出かけようなどと、春の時期にはアクティブになる人も多いのではないでしょうか。

ところが、いざ歩いてみると、足に痛みを感じたり、歩きにくい、足に違和感があるなど、足のトラブルによって、外出自体がストレスになってしまうケースも少なくありません。

特に久々の運動や遠出の際には、よくある足先のトラブルに注意しましょう。

 

【よくある足先のトラブル】

 

 

足裏のアーチがなくなっている

足の裏の中央部分には、土踏まずと呼ばれるアーチ型のくぼみがあります。

しかし、この足裏アーチは、筋力やじん帯の機能の低下によって、加齢とともに失われ、いわゆる偏平足気味になってくる傾向があります。

この足裏のアーチには、歩く時のバネになったり、着地の衝撃を吸収するなどのはたらきがありますが、ぺたんこな足裏では、その機能が十分に発揮されず、足が痛い、疲れやすいなどの症状の原因になってしまうのです。

 

足に合わない靴を履く

普段から大きめのサイズの靴を選ぶ人は、長距離を歩いていると、靴の中で足がこすれ、足の痛みやタコができる原因になります。

かといってきつすぎる靴も、足先が押しつぶされて痛みの発生につながりますので、自分の足にあった靴選びを心がけましょう。

たくさん歩く時用に、サイズがしっかりと合っていて、靴底が薄すぎず、クッション性のある機能的な靴を用意しておくと便利です。

オシャレなファッション性の高い靴は、運動に向いていないことも多いので、靴の使い分けも上手に行いましょう。

 

巻き爪、長すぎる爪

特に運動不足の人は、巻き爪のリスクが高くなります。

また、巻き爪を放置していたり、足の指の爪が長いまま歩くと、爪がくい込んで出血したり、足先の強い痛みやケガの原因にもなります。

運動前やたくさん歩く際には、爪のチェックも忘れずに行いましょう。

 

 

暖かくなってきたら、体を動かそうという意識はとても良いものです。

しかし、久々の運動や外出では、やはり足先のトラブルのリスクも高くなります。

事前に準備やチェックをしっかりと行い、トラブルなく遠出を楽しめると良いですね。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。