本文へ

納豆には賞味期限があるのは何故?賞味期限が切れたらどうなる?

健康効果も高く、美味しく、安い!

こんな3拍子揃った食品が、納豆です。

健康や美容のために、毎日納豆を食べている人も多いのではないでしょうか。

 

納豆が体に良いことは、ほとんどの人がすぐにイメージできると思います。

納豆といえば、発酵食品の代表格でもあるでしょう。

でも、納豆の賞味期限って、意外と短いですよね。

発酵食品なのに、賞味期限があるのはなぜ?

賞味期限を過ぎた納豆は食べられないの?など、身近な健康食材でもある納豆のちょっとした疑問を解決していきましょう。

 

【納豆に賞味期限があるのはなぜ?】

まず、発酵食品のことを、腐っていることと同じように扱う人がいますが、これは間違いです。

食品が腐った状態というのは、健康に害を与える雑菌が繁殖しています。

これに対し発酵は、食品がより美味しくなるための微生物の繁殖を意味します。

多くの発酵食品は、ちょうど良いところで発酵が留められ、美味しさや栄養が引き出された状態です。

だから、発酵食品である納豆にも、美味しく食べることができる賞味期限が表示されているのです。

 

【賞味期限が切れた納豆はどうなるの?】

では、賞味期限が切れた納豆はどうなるのか?

納豆は納豆菌の作用によって、少しずつ発酵が進んでいきます。

そのため、賞味期限を過ぎてしまうと、風味が落ちたり、ニオイが強くなってしまいます。

つまり、すぐに腐ってしまうというわけではなく、美味しく食べられなくなってしまうというイメージです。

賞味期限が過ぎた納豆は、容器の中で発酵が進み、見た目が茶色っぽくどろっと溶けたようになり、ツンとする刺激臭や、食べるとシャリシャリと砂のような食感、苦みなどが発生します。

このような状態の納豆を食べても、重大な健康被害につながる恐れは低いと考えられますが、やはりせっかく食べるなら美味しく納豆を食べたいですよね。

納豆は発酵食品だから、賞味期限は無視して大丈夫!という人もいますが、納豆の賞味期限は、納豆を最も美味しい状態で食べられる目安の期限なので、やはり賞味期限内に食べることをおすすめします。

 

 

商品により若干のばらつきはありますが、市販の納豆は基本的に、十分に熟成されて美味しい状態で店頭に並んでいます。

賞味期限内はいつでも美味しく食べられるようになっているので、適切な量や食べ方で、これからも納豆パワーを健康や美容に役立てていきましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院・整体院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院・整体院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院・整体院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院・整体院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。