本文へ

「おやつ」を味方につける方法~おやつを食べることのメリット~

「おやつ」と聞くと、どうしても太る!ダイエットの敵!食べない方が良い!などと真っ先に思ってしまうでしょう。

しかし、おやつを食べること=太る、というわけではありません。

おやつも、食べ方によっては、むしろダイエットの味方につけることもできます。

もちろん、ケーキやチョコレート、スナック菓子などを好き放題食べていたら、おやつは体にとって「悪いもの」になってしまいます。

これは普段の食生活にも当てはめることができることで、1日3食食べた方が健康に良いからといって、食べる量や内容、タイミングによっては、むしろ食事によって健康を害することもあります。

おやつを食べていなくても、太ってしまうケースもあるでしょう。

つまり、“何をどう食べるか”、これが重要です。

おやつを食べること自体が肥満に直結するのではなく、おやつにも食事にも、太らない食べ方、健康や美容に良い影響を与える食べ方というものがあるのです。

 

【おやつを食べることのメリット】

1.栄養素の補給

朝、昼、夕の3食では不足しがちな栄養素を、おやつによって補うことができます。

子育ての中でも、子供には毎日おやつ(間食)を含めた1日4食で、十分な栄養を摂りましょうという指導があります。

特におやつによって補いたい栄養素は、カルシウム・ビタミンC・マグネシウムなどの場合が多いです。

普段の食生活に栄養の偏りを感じる方は、間食をうまく使うことで、1日に摂取する栄養を理想に近付けることができます。

 

2.集中力の維持やストレス軽減

食事と食事の間が長くあく場合、空腹の状態が長時間続いてしまいます。

空腹は集中力を低下させ、ストレスを増やしてしまいます。

適切な時間に適切な量のおやつを挟むことで、次の食事をほどよい空腹感で迎えることができます。

また、空腹を我慢しすぎることは、かえってダイエットを失敗させる原因にもなりかねません。

食べ方や食べるものに注意すれば、おやつ自体はダイエットの妨げにはなりません。

 

3.夕飯の食べ過ぎ防止

朝、昼、夕の3食の中で、最も軽めに済ませるべきなのが夕食です。

朝食や昼食は、一日の活動によりエネルギーが消費されやすいのに対し、夕食は食べて寝るだけ…という場合も多く、夜は昼間に比べてそれほど多くのエネルギーを必要としません。

おやつのタイミングを上手に入れることで、夕飯の食べ過ぎ防止なども可能になります。

 

 

では実際に、太らないおやつの食べ方、体に良いおやつの内容などを、次回紹介していきましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院・整体院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院・整体院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院・整体院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院・整体院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。