本文へ

食用オリーブオイルと美容オリーブオイルの違い

料理の時だけでなく、美容に関するケアでも使われることがよくある「オリーブオイル」。

オリーブオイルを使ったマッサージやパック、洗顔や保湿ケアなど、一度は試したことがある人も多いでしょう。

その際、料理の時に使うオリーブオイルを使っていませんか?

実は、食用のオリーブオイルを肌に塗ると、それが刺激となってかえって肌に負担をかけたり、肌荒れの原因になることもあります。

 

【食用オリーブオイルと美容用オリーブオイルの違い】

食用のオリーブオイルは、食べた時に美味しさを感じられるように風味づけがされていたり、栄養価を失わないように加工されているのが一般的です。

一方で、美容用オリーブオイルは、肌への刺激にならないように、ろ過を重視して加工されています。

つまり、同じオリーブオイルでも、使用目的が異なるため、製造過程も異なるのです。

 

・食用オリーブオイル=食べることが目的(素材の味や風味が維持されている、美味しさや栄養成分が加えられているなど)。

・美容用オリーブオイル=肌や髪につけることが目的(不純物が取り除かれている、浸透しやすく加工されている、長期保存が可能になっているなど)。

 

食用のオリーブオイルを肌に塗ると、美味しさの成分が刺激となって、肌荒れや毛穴の詰まり、かゆみや赤みなどを引き起こす恐れがあります。

また、オリーブオイルを塗った時のベタベタ感が苦手という人は、食用のオリーブオイルが肌や髪に浸透しづらいことが原因かもしれません。

美容のためのオリーブオイルは、食用のオリーブオイルよりも肌馴染みが良いため、保湿ケアに適しています。

 

なんとなく、食べるものだから肌にも安心というイメージがあるかもしれませんが、実はそうではないケースも多くあります。

家に余っている食用のオリーブオイルを美容に使うのはリスクの方が高いと言えるので、できれば避けた方が良いでしょう。

美容目的でオリーブオイルを使用する場合は、きちんと美容用のものを使うことが大切です。

美肌のために行ったケアが、かえって肌に悪い影響を与えてしまっては、全く意味がありませんよね。

食用のオリーブオイルを美容目的で使う際のリスクは、しっかりと把握しておく必要があると思います。

オリーブオイルの食用と美容用の違いについて、ぜひ覚えておきましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。