本文へ

肩こりや眼精疲労と勘違いされやすい「ジストニア」という病気

最近肩こりがひどくなった、目が疲れてまぶしさを強く感じる、などの症状はありませんか?

一見ただの肩こりや眼精疲労などの症状と思われがちですが、もしかすると、「ジストニア」の可能性があります。

 

【ジストニアとは?】

ジストニアとは、英語で「ジス=異常な」と、「トニア=緊張」という意味の言葉が組み合わさっている病名です。

簡単にいうと、筋肉が異常に緊張していることで、体に様々な不調が現れます。

ゴルファーがクラブを振れなくなるイップスの一部も、ジストニアが原因だといわれています。

ジストニアは、10万人に数十人ほど発症する、まれな病気だと考えられてきました。

しかし実際には、ほかの病気と間違われてしまうことも多く、近年ではジストニア患者数はもっと増えてきているといわれています。

 

【ジストニアの症状】

ジストニアによって起こるのは、様々な運動障害です。

 

・痙性斜頸(けいせいしゃけい)

首周辺の筋肉が緊張して起こるジストニア。首が傾いたりねじれたりして、真っすぐ保つことが難しくなる。

・書痙(しょけい)

手や腕の筋肉が緊張して起こるジストニア。ペンを握ろうとすると、手に力が強く入って、文字が欠けなくなってしまう。

・眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

まぶたの筋肉が緊張して起こるジストニア。最初はまぶしさを感じるだけだが、進行すると目が開けられなくなる。

 

上に挙げたのはジストニアの症状の一例ですが、ジストニアは、脳の神経回路の異常で起こる運動障害や姿勢異常の総称です。

かつては精神的な問題だと考えられていましたが、研究が進み、脳に原因があることが分かってきました。

脳にある大脳基底核というところで、体のアクセルとブレーキを上手に調整しているのですが、ジストニアではドーパミンという物質が過剰に分泌されることで、アクセルが強くなってブレーキの作用が弱まり、筋肉への指令が過剰に出てしまうのです。

 

 

まずはジストニアという病気があることを知るだけでも、万が一の時に症状を見逃さない、ジストニアの早期発見にもつながるはずです。

日常生活に支障が出るような運動障害で悩んでいる人は、ジストニアを疑い、正しい検査や治療を受けることにつながればと思います。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。