本文へ

口内炎の種類を知って対策をしよう!

口の中に口内炎ができると、食事の際にしみたり、話す時も痛んだりして、意外と大きなストレスになりますよね。

一言で口内炎といっても、いくつかの種類があり、特徴や原因も異なります。

 

【口内炎の種類】

1.アフタ性口内炎

一般的に最も多く見られるのが、アフタ性口内炎です。

原因は、ストレスや疲労の蓄積などによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足などが考えられますが、はっきりとした原因は分からないことも多くあります。

アフタ性口内炎では、赤く縁どられた数ミリメートルから1センチメートルくらいの、丸くて白っぽい潰瘍が現れます。

できやすい部位としては、頬や唇の内側、歯ぐき、舌などに発生しやすく、小さなものがいくつか同時に発生することもあります。

普通に過ごしていれば、1~2週間程度で自然に消滅しますが、あまりに範囲が広い時や、何十個も同時にできる、短い期間に何度も再発するなどの時は、ほかの病気の一症状である可能性もあります。

 

2.カタル性口内炎

カタル性口内炎は、入れ歯や矯正器具が接触したり、口内を噛んで傷付けてしまった時に細菌が繁殖したり、熱いお湯や薬品が刺激などが原因となって起こる口内炎です。

口の粘膜が赤く腫れたり、水疱ができたりします。

アフタ性口内炎とは異なり、境界が不明瞭で、口臭がきつくなる、味覚が分かりにくくなるなどの症状が一緒に出ることもあります。

 

3.ウイルス性口内炎

単純ヘルペスウイルスによる「ヘルペス性口内炎(口唇ヘルペス)」、免疫力が低下した時に増殖して発生する「カンジダ性口内炎」、そのほかにも、梅毒やクラミジアなど、ウイルスが原因で起こる口内炎もあります。

ウイルス性口内炎に多く見られる多発性の口内炎は、口の粘膜に多くの小水疱が発生し、破れてびらんを生じることもよくあり、発熱や強い痛みを伴うケースも多くあります。

 

4.その他の口内炎

そのほかにも、特定の食べ物や薬物、金属などが刺激となる「アレルギー性口内炎」、喫煙による「ニコチン性口内炎」などの種類もあります。

 

 

口内炎ができた時には、まず、口内炎の種類や原因を考えましょう。

そのうえで、

 

・口内を清潔に保つ

・規則正しい生活を送る

・体や心を休める

 

など、口内炎ができるだけ早く治まるように心がけたいですね。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度1980円のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院・整体院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院・整体院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院・整体院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院・整体院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。