本文へ

間違えると逆効果!バターコーヒーの正しいルール

「バターコーヒー」って、どんなコーヒーか知っていますか?

 

数年前にアメリカで「バターコーヒーダイエット」が大流行したのをきっかけに、

当時は日本でもとても話題になりました。

最近になって、再びバターコーヒーが注目されていて、

バターコーヒー専門のコーヒーショップなども出ているほどです。

 

名前だけ聞くと、バターを溶かしたむしろ高カロリーなコーヒーが浮かぶ人も多いと思います。

確かにバターコーヒーは、その名の通り、バターを溶かして入れたコーヒーのことです。

しかし、ポイントはその「バター」と、一緒に入れる「MCTオイル」にあります。

 

【バターコーヒーに使われるバターとオイル】

 

バターコーヒーに使われるバターは

無塩のグラスフェッドバターです。

 

グラスフェッドには、「放牧された牛の乳から作られた」という意味があります。

自然の環境で放牧され、牧草だけを食べるようにして育てられた牛の乳から作られる

グラスフェッドのバターは、一般的なバターに比べてたんぱく質や不飽和脂肪酸を多く含んでいます。

さらに、バターと一緒に入れるのが、MCTオイルです。

MCTオイルは、ココナッツ油やパーム油から中鎖脂肪酸を抽出したオイルで、

健康効果や美容効果の高い良質なオイルとしても知られています。

 

これらの材料を使ったバターコーヒーを、朝食代わりに飲むのが、バターコーヒーダイエットです。

まず、コーヒーの中に含まれるカフェインには、集中力を高めたり

脂肪の燃焼を助ける効果などがあります。

また、グラスフェッドバターによって腹持ちが良くなり、栄養価のアップも実現しています。

さらに、MCTオイルは肝臓で代謝され、脂肪として蓄積されにくいのが特徴のオイルです。

即効性のエネルギー源となるほか、肝臓でケトン体(脂肪を分解してつくられるエネルギー源)の

生成を促進するはたらきがあります。

朝食をバターコーヒーにすることで、糖質の摂取が抑えられ、体はブドウ糖の代わりに

脂肪を燃焼してエネルギーにしようとはたらくため、効率の良いダイエットが実現します。

 

体に良い栄養は摂りながら、ダイエット効果を高めてくれるのが、バターコーヒーの魅力です。

ただし、一般的な有塩バターを使ったり、コーヒーに砂糖をたくさん入れて飲んでいては当然その効果は期待できません。

くれぐれも、正しいバターコーヒーの作り方を守って

美味しくて健康的なバターコーヒー生活を楽しみましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度1980円のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院・整体院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院・整体院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院・整体院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院・整体院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。