本文へ

コンタクトレンズユーザーが気を付けたい目の不調とその原因

ひと昔前と比べると、パソコンを使った仕事の増加傾向や、SNSや動画配信の広まり、最近で言えばテレワークなどの普及に伴い、長時間パソコンやスマホの画面を見続ける生活を送る人の数は、増加の一途をたどっています。

そして、目の疲れや不調を訴える人の数も、増え続けていると言われています。

特に普段からコンタクトレンズを着用している人は、裸眼の人に比べてドライアイになりやすく、目の疲れも招きやすいものです。

また、今までは裸眼で過ごしていた人の中にも、最近視力の低下が気になり出して、コンタクトレンズを使い始めたケースもよく耳にします。

 

【コンタクトレンズを使っている人が感じやすい目の不調】

 

1.目の乾き

涙の分泌量が不足し、目の表面が乾いてしまうドライアイは、コンタクトレンズユーザーに特に多い悩みです。

目の表面を覆うコンタクトレンズは、涙が均等に行きわたりにくく、目を乾燥させがちです。

そのうえ、長時間のパソコンやスマホ画面の注視によってまばたきが減少して、ドライアイが加速します。

さらに空気が乾燥している時期は、肌などと同じように目も乾きやすく、コンタクトレンズユーザーには辛い季節でもあります。

 

2.目のかすみや視界がぼやける

コンタクトレンズをしているにも関わらず、目がかすんだりぼやけたりして、見にくさを感じることがあります。

これは、デジタル画面を長時間見続けることで、ピントを調節する毛様体筋の緊張状態が長く続き、筋力の低下を招いて、目のピント機能が低下している状態です。

高いエネルギーを有するブルーライトは、目の筋力を酷使するうえに、光線の波長が短く散乱しやすいことで、ピント合わせの際の負担になりやすいのです。

 

3.目がゴロゴロする、目の違和感

目のゴロゴロや違和感、充血などの症状は、ドライアイによる症状のほかにも、コンタクトレンズの軽い摩擦によって、目の角膜が炎症を起こしている可能性もあります。

長時間のコンタクトレンズの装着は、目の酸素不足を引き起こし、細菌感染を防ぐ角膜の機能を低下させやすいので、目の違和感を感じやすくなってしまいます。

 

4.目のかゆみや痛み

視力の矯正に役立つコンタクトレンズですが、やはり目にとっては異物となりやすく、どうしても裸眼の人と比べても、目がかゆい、目が痛いなどの症状が現れやすくなります。

 

 

このような目の不調を防ぐためには、

 

・コンタクトレンズの長時間連続の装着を避ける。
・パソコンやスマホ画面の連続的な注視を避ける。
・有効成分が配合された目薬を使う。
・目の清潔や休息を大切にする。

 

ことなどがとても大切です。

もちろん、コンタクトレンズが普段の生活になくてはならないものだという人も多いでしょう。

しかし、目の不調を感じた時には、メガネを兼用したり、家ではスマホの長時間利用をやめる、睡眠をしっかりとって目を休めるなど、普段から目を大切にする意識を持ちたいものです。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院・整体院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院・整体院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院・整体院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院・整体院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。