本文へ

朝1杯の水で体が変わる!~水を飲んだ後3時間は食べない理由~

朝起きてすぐに、1杯の水を飲む。

毎日たくさん水を飲むのが辛い人や、どれくらいの量の水を飲むのが自分に合っているかが分からない人でも、簡単に取り入れられる健康法としておすすめです。

そして、起きてから水を飲んだ後、3時間ほど飲食を控えることで、その健康効果は驚くほど高くなります。

 

その理由は、効率良く胃腸を休ませることができるためです。

 

 

食べ物であふれた現代では、「食べ過ぎ」の習慣を知らないうちに続けている人が大勢います。

もちろん、生きていくために食べることは必要不可欠ですが、いつでも好きな時に、好きなものを食べたり飲んだりする生活を何年も続けていると、胃腸は常にはたらきづめの状態で、大きな負担がかかり、これが様々な体調不良の原因になってしまいます。

 

よく、胃腸を休める方法として挙げられるのが、ファスティング(断食)です。

定期的なファスティングを取り入れ、食べ物を極端に制限することで、確かに胃腸を休める効果は期待できるでしょう。

しかし、やはり数日間ほとんど食べないという方法は、辛く苦しいことも多いので、途中で挫折してしまうケースも少なくありません。

 

そこで、この朝の水飲み習慣で、胃腸を効率良く休める方法がおすすめなのです。

 

 

朝起きて、コップ一杯の水を飲み、その後3時間は飲食を控えます。

すると、前日の夕飯を最後に、10時間以上は物を食べない時間を確保することができるでしょう。

その結果、胃腸をしっかりと休めることができ、腸のはたらきが良くなって、様々な健康効果、さらには美容効果まで期待できるようになります。

 

おすすめは、水を飲むために、朝少し早起きをすることです。

例えば朝の5時に水を飲み、その後もうひと眠りしても構いません。

そうすれば、朝8時には朝食が食べられます。

早起きが難しい場合は、起きてすぐに水を飲んだ後、朝食は軽めに済ませるようにしましょう。

この習慣を身に付けることができれば、昼間は好きなものをたくさん食べても、胃腸のはたらきを無理なくリセットし、次の日の胃腸の正常化につなげることが可能です。

もちろん、完全に食事を抜くわけではないので、ファスティングよりは胃腸を休ませる効果は低いかもしれません。

しかし、ファスティングのような厳しい食事制限はなく、無理なく取り入れることができる健康法だと思います。

水を1杯飲むという習慣と併せて、胃腸をしっかりと休ませる習慣を身に付けてみませんか?

長く続ければ続けるほど、体が良い状態に変わっていくのを実感できるはずです。

好き嫌いが多い人、外食が多い人、食べることが大好きな人などは特に、食べ過ぎによる健康被害のリスクを抑えるべく、「朝1杯の水を飲む」「その後3時間は飲食を控える」習慣を続けてみましょう。

全力でサポートします。

現代には日常生活の中に様々な原因が存在し、そこから様々な症状が出現します。

筋肉の緊張からくる頭痛、背骨の歪みからくる下半身の痛み、ストレスからくる肩こりや腰痛、股関節や膝の痛み、こういった症状が姿勢や筋肉に負担がかかり更に症状が悪化する。

こんな悪循環から抜け出しませんか?

痛みのせいで生き甲斐である趣味を諦めてしまっている

痛みのせいで子育てでイライラしてしまう

痛みのせいで休みの日を充実して過ごせない。

腰・膝の痛みをかばっていたことにより、悪くなっていった他の場所も改善する。

ぜひこのような生活を取り戻して、あなたらしい生活を送りましょう!

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!と本気で考えている、あなたのご来院を心よりお待ちしています。

自分自身を大切にし、より良い人生(ライフ)を送りたい!

是非一度3280円(税込)のお試しコースを今日申し込んでください。

是非、一度ライフ整骨院へお越し下さい。

あなたは1人ではありません、一緒にあなたの快適な生活をサポートします!

私たちが全力でサポート致します。

あなたのご来院を心よりお待ちしています!

私たちが全力でサポート致します。

ライフ整骨院

院情報・地図

院名

ライフ整骨院

所在地

〒120-0004 東京都足立区東綾瀬1-6-16

受付時間

営業時間

地図

ライフ整骨院

地図

さらに詳しい道順を見る

※地図ページに移動します。